プチギフト ブログ カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

名入れ注文についてプチギフトサンプルセットまんぞく屋についてプチギフトのよくある質問

プチギフトのことならオリジナルプチギフト専門店「まんぞく屋」にお任せ下さい。当店では結婚式(ウェディング)や二次会から退職などで贈るプチギフトの販売をしております。面白いプチギフトからかわいいプチギフト、実用的なものまで沢山揃えておりますので大切な記念日をみんなで笑って楽しんで貰えたら嬉しいです。短納期おまかせください

※お問合せは「商品名・数量・使用日」をお伝え下さい。

まんぞく屋の歩み <第三章>

まんぞく屋三人娘の奮闘記:(第三章)神様は乗り越えられる試練しか与えないのでしょうか?


(第三章)神様は乗り越えられる試練しか与えないのでしょうか?



あれは、オープンから2年目に突入したところでした。

オープン前より、お買い物システムや運営方法などの相談にのって頂いていた、 ネットショップの基盤ともなるシステム会社さんが突然倒産するとの連絡が入り ました。

「まんぞく屋がなくなっちゃう!!」

まず全員が思った事は、このことが1番だったと思います。
1年以上かけて作り上げてきた自社サイトのお店が一瞬で消えてしまうのです。 そして、ご購入を検討してくださっているお客様にも迷惑をかけてしまうことに もなりかねません。

三姉妹は焦りました。(そりゃそうですよね)

何とかして続ける方法はないのか・・・。
システム会社さんとの攻防が3〜4ヶ月続きました。
最終的には、社会勉強をするという形に終わってしまったわけですが、オープン 当初より一緒になって盛り上げてくださっただけに残念でなりません。



「まんぞく屋」がどうなったかというと、ゼロ・・・マイナスからの再出発を余儀なくされました。
ゼロからの商品登録、ホームページデザインの制作。
そして、「見つけてもらう」為の施策。
昼夜を問わず作業が続きました。

これは本当に大変でした。

が、
ここは!窮地に立ったら強いぞ三姉妹!!
の根性でどうにかかんとか(岐阜の方言?)乗り越え、現在の「まんぞく屋」が誕生したのであります。

今回のことで「ビジネス」という厳しくもある世界を3人それぞれ実感すること になった一つの経験かもしれません。

その後は、またまたお店を盛り上げるべく働きアリのようにせっせと頑張る日々が続きます。

「まんぞく屋」のお店づくりに力をいれる毎日ですが、実店舗がありませんので、商品を直接手に取って、見てもらうことができないのが残念なところ。そして、私たちも「オリジナル商品」を作っていますので、「お客さまの声を直接聞いてみたい!」という思いも常々持っていました。

そんな経緯や思いもあり、2010年7月に、リクルートが主催する「ゼクシィブラ イダルフェスタ」へ初出展しました。

自分たちで企画したプチギフトを展示し、多くのご来場者様から可愛い!おもし ろい!見たこと無い!と大好評をいただきました。
三姉妹にとってはお客様の生の声がなによりのご褒美だなと感じた瞬間です。

また、とても嬉しいことにお客様アンケートによるブースの人気ランキングも初 出展ながらも、堂々の第2位を獲得いたしました。

その時の様子をを少しご紹介しちゃってもいいでしょうかw
(見て欲しいの〜♪)





このブースに商品を飾る展示台やポスターの額縁、まんぞく屋の看板も全てが、スタッフ3姉妹による手作りナンデス!
自分たちの可愛い商品をより良く見てもらうためならば、寝る間を惜しんでの大工作業すら厭わない我ら3姉妹(笑)

さて、時はうつり2011年。
まんぞく屋もようやく軌道に乗り、売上もどんどん伸ばしていこう!と一年の目標を掲げ意気揚揚と仕事に打ち込んでおりました。
そんな年の春・・・。

3.11の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)がおこりました。
岐阜県の羽島市にあるまんぞく屋でも、発送作業をしていた時間帯でしょうか、かなりの揺れを体感しました。

ネットやテレビで尋常ではない被害の大きさが報道され、日本中がパニックに陥りました。運送会社も完全にストップし、印刷会社などの生産工場も被害があり、商品の流通もストップ。CMも自粛。当然、まんぞく屋にも影響がありました。
結婚式や二次会のキャンセルや保留も相次ぎ、お客様への対応や安否確認などに追われる毎日でした。正直、これからどうなっていくのか不安ばかりが日本全体を覆っていたように思います。

しかし、日本人の忍耐強さと団結力の強さは復興へと光のさす方へと立ち上が り、国民全体が、一致団結。日本人の「絆」が繋がり始めました。
島国民族の強固な心を誇りに思います。

こんな時期だからこそ、結婚式を挙げたいと、交通機関が動いていないが、なんとかならないでしょうか?とお電話をいただくお客様もいらっしゃいました。

無理難題が発生したときでも、簡単にはあきらめず、その時、その状況で出来る最善の方法を考える。
一人一人のお客様に、丁寧に明確に、安心していただけるように真摯に対応する。

まんぞく屋は小さなお店ですが、その時のお客様の1番の「満足」をお客さまと一緒に考え、一緒に大切な日を迎えられるようにお手伝いしたい。
そんな事を強く心に再認識するきっかけとなり、今でもまんぞく屋のお客様と接する心構えの根っこ部分となっています。

そんな大変な一年となった2011年でしたが、 その年の暮れに、まんぞく屋にとって一筋の光がさしました。

オープン以来、紆余曲折を経て、一時はお店の基盤ともなるシステム会社さんを変更するなど、ゼロからお店を立ち上げ直したわけですが。
その大手システム会社さんが開催している、登録ネットショップを対象に、毎年優秀なショップを決める大会があります。

なんと!その大会の
2011年のネットショップ大賞の、岐阜県の銘店としてまんぞく屋が表彰されたのです!



これもひとえに、ご支持いただいたお客様あっての受賞です。
頑張ってきたことが報われた瞬間でした。

この賞を、まんぞく屋の誇りとして、これからもお客様の立場に立って、より分かりやすいお店作り、そして、苦しい中でも新商品を絶やさず、新郎新婦さま始め、ゲストの方々にもよろこんでいただけるオリジナルプチギフトを企画していきます。


第三章 完

いやぁ〜ホント。オープン当初から色々ありました〜。
さぁ、そろそろ幕引きかな?もう少しだけ、お付き合いくださいませ☆

第四章へ

まんぞく屋の歩み 最初に戻る

まんぞく屋のプチギフト 「笑顔でつながる幸せ」
あなたが笑顔だと、相手がウレシイ。  相手が笑顔になったら、そのまた相手もウレシイ。  そうして周りが少し幸せに、笑顔に、なっていく。
プチギフトなんて、たかだか200円〜500円くらいのちっちゃなギフト。そんな小さなプチギフトだから、それは、見返りもなくただ純粋に、あなたに生まれた「相手の幸せ」を思う心。
まんぞく屋のプチギフトは 「感謝」 「驚き」 「感動」 をぎゅっと詰め込んだプチギフトです。誰よりも心に残るギフトで、「笑顔溢れる人生」を創りたい。
人生は毎日「笑い」と「感動」で溢れている!

ページトップへ