プチギフト ブログ カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

名入れ注文についてプチギフトサンプルセットまんぞく屋についてプチギフトのよくある質問

プチギフトのことならオリジナルプチギフト専門店「まんぞく屋」にお任せ下さい。当店では結婚式(ウェディング)や二次会から退職などで贈るプチギフトの販売をしております。面白いプチギフトからかわいいプチギフト、実用的なものまで沢山揃えておりますので大切な記念日をみんなで笑って楽しんで貰えたら嬉しいです。短納期おまかせください

※お問合せは「商品名・数量・使用日」をお伝え下さい。

まんぞく屋のスタッフ紹介








10キロ太った時に思い立ち「どんぶりサラダダイエット」を開始。
朝は、グラノーラとブラックコーヒー。
夕食には、必ず山盛りのサラダを一番最初に食べるだけのダイエット法。 (キャベツは千切りをレンチン。キュウリ1本は必ず。その日の気分でトッピングを色々変更。ドレッシングは基本ポン酢と一味唐辛子) これだけ守ればその後に大好きな炭水化物もお酒もOK。
半年後には10キロ戻りました!今でも続けています。おかげで体重も体調も快調です!


朝、お布団から起き上がる時は、まずお布団の中でゴロゴロ。 お尻を上向きにあげて猫が背伸びするみたいに伸びをしてから起き上がること。 (目が覚めて急に起き上がるとギックリしちゃう恐れが・・・)

それと、愛犬マロのお散歩。
近所の公園をグルッと一周する程度の運動で運動した気になってマス(笑)
(いやぁ~歩くことはいいことだー!)


朝ごはんを食べること。
何年も食べなかったり、食べてもフルーツとヨーグルトとか、ほぼ食べない生活を送ってきたけれど、ちゃんと食べる方がダイエットにも健康にも良い。 3食ちゃんと食べると、あまりの空腹にドカ食いすることが無くなったかも?

あとは、やっぱり「運動」。
週2~3回は健康と若さの為に動いてる。気付いたら、顔も体も老けてた!なんて恐ろしすぎる~(怖) >


【人は創造するのではない、発見するのである。
独創とは、起源に返る事である。】 アントニ・ガウディ


何かをつくろうとするとき、ゼロからはありえない。それができるのは神のみであり、 人間は、神がつくったものから発見をするのである。 独創的なものがほしければ、自然を見渡しなさい。起源にかえってみれば、おのずとひらめきが訪れる。 そんな意味合いの言葉です。



【笑う角には福来る】

人生山あり谷あり。いい時も悪い時もあるけど、 最後にはいつも笑顔でいられるように心がけてマス

笑顔でいるってことは自分自身も元気でいられるし 自分が笑顔でいることで自分以外の誰かにも笑顔になってもらえると信じてるっ。 (な~んて、熱弁しちゃったりなんかして^^)



【思い立ったが吉日】

吉日とは何かをするのに縁起がいいとされる日で、 何か物事をしようと思い立ったら日を選ばずにすぐに始める方がよいということで、 吉日を待っていたら機会を逃すこともある。

特にコレ!っていう言葉は決まってないんだけど(笑)今の気分はこれ。 やりたいな。こうしたいな。って思ったらすぐやってみること。 色々考えたって先のことなんかわからないし、とりあえずやってみる。 いつになってもこの気持ちさえあればなんでも出来る気がする!

いつも笑って、楽しい気分でいれば良いことがどんどん起きて、願いも叶ってるって!w

鳥山明バードスタジオかスタジオジブリのアシスタントを一時期、本気で目指していました。
小学校:図工、中学校:美術が大得意科目だった私は、母が油絵の趣味、父は鉄道ジオラマを紙一枚から作る器用さを受け継いでいるようで、 とにかく、絵が好きでした。
風景画の練習や、アニメのキャラクターなどをひたすら描いたり、紙や木材で便利アイテム?を作って部屋中に飾っていました。 私の画力では、緻密なジブリのスタッフの技術の足下にもよばないと悟り…。諦めました。

そのころに培った?画力と図工の面白い発想力は、現在の仕事につながっていることに驚きます。夢は形を変えて叶ったのかな?


保育園からの大親友と小学校1年生の時に交わした夢。 それは『ふたりでユニットを組んで歌手デビュー』すること♪

とにかく歌うことが大好きだったふたり。 休み時間にはいつも音楽の授業で習った歌やアニメソングを歌ってたっけな。 人生何が起こるかわかんないし、目指す方向によっては現実になってたのかも? (上京してひらすらオーディション受けるとか 笑)

ただ・・・現実的ではなかったかな。
まだまだ幼いふたりにとっては、 そんな淡い夢を抱いて遊んでいたその時間が今思えば夢のような時間でした。
叶っても叶わなくても夢を持てるっていいな♪



漫画家。
小中高と漫画やイラストを書くのが好きで、友達と一緒になって交換漫画とか書いてた。 今となっては、イラストすら仕事以外で書くこともなくなったけど・・・。 その頃は、物語の中に入り込んじゃうようなストーリーが書きたいなぁって子供ながらに思ってたなぁ~。

今思えば、面倒臭がり&大雑把なあたしに、トーン貼ったり、原稿綺麗に仕上げたりとか拷問に近い(笑)

・間近で、眉間に指をさされると、いてもたってもいられない位、力が抜ける。
・大好きな甥っ子が澄んだ瞳で甘えてくること。骨抜きになる。
・思いついたイイ!と思ったことを、冷静に否定されること。ドヨ~んとなる。
・自分ではなく、自分の友人や家族など近しい人が攻撃されると大爆発することがある。


カラダで言うなら~
腰とお尻の間の中心の骨(←ってどこやねん その部分の呼び名分からず・・・) ツボ押しされると一気に力なくなる・・・ザ!無力(笑)

ココロで言うなら~
相手の都合のいいように利用されたとき(←愛のある利用なら許してあげる、ヨ!) 深く傷ついちゃうなぁぁ・・・でも立ち直りも早いデス! (とりあえず、ココロが傷ついた日は、怒って泣いて爆睡してリセット!まるで子供・・・;)


1、節足動物が向かってきたら、親だろうとなんだろうと置き去りにして逃げます。 バッタとかてんとう虫とか節のある足とか、羽根とか恐ろしすぎる。怖!!

2、体の一部でいうなら、膝小僧を「さわさわ~」ってなでられたりすると、全身鳥肌を立てて撃沈します(酉年ダカラ)

三歳の頃、デパートへ家族でお出かけし、兄と母とはぐれた私。まんまと迷子になり、売り場のお姉さんに迷子センターへ連れて行かれました。
お姉さんがお家の人と着たの?大丈夫よ、お母さんすぐ来るよ~。お母さんはどんな色のお洋服?など母の事を色々聞いてきたため、 本題の「お嬢ちゃんおなまえは?」の質問に、迷い無く「にぃしぃおぉみぃどぉりぃ!」
お姉さん「ん?なになに?にしのみどりちゃん?かな?」元気いっぱい「うんっ!!」と母の名前を答えた私。
ピンポンパンポン~♪「迷子のご案内をいたします。三歳くらいで赤いスカートをはいた、にしのみどりちゃんという女お子様をお預かりしております。にしのみどりちゃんのお母様、至急、迷子センターまでお越し下さいませ。」と館内放送されました。
母は、あら、私とよく似た名前の子だわ。と気づかず…。名前が違うから絶対違うといっていましたが、兄が絶対にみみだよ!としぶる母を引っ張って迷 子センターへ迎えにきてくれました。




あれは確か~小学校3年生の頃・・・ 夏休みに家族で海に潮干狩りへ出かけた時のこと。

砂浜にいたどこかの飼い犬?とふと目と目が合い・・・ 何故か激しく追いかけられることに・・・(泣)

でっかい犬だったから怖くて思わず全力疾走で逃げたおしず。
(自分の家でも犬を飼ってたから犬は大好きなんだけどね~)

やっとの思いで小高いテトラポットまで逃げ切りホッとした瞬間・・・ テトラポットに付いてた苔たちに見事に足を滑らせ海にダァァ~イブッッ!! (あれは、我ながら見事なダイブだったと思う 笑)

海の藻屑を綺麗に身にまとい、ずぶ濡れのおしずちゃん。 大泣きして家族のもとに帰っていくのであった。。

時にやってくるスットコドッコイ感は、今でも変わってません(笑) (これをマヌケという・・・)



図工の時間に使ってた小刀であぐらをかきながら(女の子なのに)大きな鏡の前で鉛筆を削っていたら、手が滑って足首にぐさり☆ 鏡を見ると、噴き出した血が顔に付いていて、とってもホラーな自分の顔が♪

今も刃物を持つと、色んな所を切っては絆創膏や医者のお世話になってます。(お医者さん儲かるね)

【小さいころから家族でよく行っていた、屋台のラーメン屋「とん平」】

和風だしの昔ながらの中華そば。
赤提灯の屋台で食べる雰囲気が非日常な感じで、私にとっては、なによりのごちそうでした。 大人になった今では、頑張った自分へのご褒美で「大盛りコーンチャーシュー」です。 最後の晩餐に食べたいものナンバーワンです。


【味噌汁そうめん】

いただきものや、余ったそうめんは、味噌汁に入れちゃいマス!
味噌汁とはまた違った感じでご飯にもおかずにもなっちゃう優れもの。 これが、以外といけちゃうんです♪(満腹感もあるしダイエットにもいいかも~)


【肉味噌】

ひき肉と赤味噌のあま~くて生姜の利いた美味しい味噌
おでんや、トンカツなど、何にかけても美味しいんだけど、 個人的には、炊き立ての白いご飯にかけて食べると絶品!卵かけごはんに匹敵する美味しさかも。
甘味噌や肉味噌は家で手作りが基本ですよ~

名古屋の陰にかくれているとか、ぎふってどこ?とか、書けない県名トップスリーに入るとか、、、、

全国的には地味目な県ではありますが、岐阜県は、鵜飼いや、飛騨高山の陣屋、関の刃物、多治見の陶磁器、美濃和紙など、 昔の文化(岐阜県の文化遺産は、国宝建造物3件、国宝美術品4件、国指定の重要文化財149件) を守り続ける心と新しい未来の文化(インターネット事業に県一押しで取り組んでいます)を取り入れ育てる心の 両方をもっています。
新旧ともに大切にし、維持しながら発展にチャレンジする県。それが岐阜県です!


海なし県だけど、その代わり山の恵みがハンパないッッ!! (河川も多いから川の恵みもあるヨ!)
山と川に生かされてるって感じマス(大げさ?!)
水も美味しいし、いい土と水で育ったお米や野菜は最高の贅沢品。 森の香りはマイナスイオンたっぷりで癒されマス。


アウトドア好きな人や、お出かけ好きな人には超おすすめ。 国内旅行だったら、ちょうど真ん中だから西にも東にも出かけやすい☆

アウトドアは、自然がいっぱい。山に、川に、洞窟に。 登山、沢登、フリークライミング、ボルダリング、ケイビング、カヤック、釣り・・・なんでもござれ。 それも日本でも有名どころが揃ってるから近場で良い場所がいっぱいあるんだよ~!

『相手を心から信じて、自らをさらけ出すこと』
信頼できなければ、本当の言葉も自分自身も見せられない。それは、返すと自分を知ってもらえないにつながり、すれ違いへと導かれてしまう。
何もかも言える、隠す事すら忘れてしまうくらい自分を出せたら、相手も安心感を得て、さらけ出すことができる。
それが出来たなら、お互いの事がはっきりと分かり合える。ドジなところも嫌なところもひっくるめて愛おしくなれるんだと思います。


あたり前なことなんて何ひとつない いついつまでも優しいこころと感謝のこころを持って接すること

家族・友人・恋人。どんな時も素直なこころで接すれば たとえ時間がかかったとしても『愛』って通じてくれるものだと思う


『感謝と思いやり』
説明なんてしなくてもいいくらい単純なことだけど、「感謝」と「思いやり」につきると思う。 自分を愛してあげるときも、他人を愛するときもね。

まんぞく屋のプチギフト 「笑顔でつながる幸せ」
あなたが笑顔だと、相手がウレシイ。  相手が笑顔になったら、そのまた相手もウレシイ。  そうして周りが少し幸せに、笑顔に、なっていく。
プチギフトなんて、たかだか200円~500円くらいのちっちゃなギフト。そんな小さなプチギフトだから、それは、見返りもなくただ純粋に、あなたに生まれた「相手の幸せ」を思う心。
まんぞく屋のプチギフトは 「感謝」 「驚き」 「感動」 をぎゅっと詰め込んだプチギフトです。誰よりも心に残るギフトで、「笑顔溢れる人生」を創りたい。
人生は毎日「笑い」と「感動」で溢れている!

ページトップへ